第67回全国大会in宮崎に参加して参りました。

10月4日〜7日に公益社団法人 日本青年会議所 第67回全国大会が宮崎の地で開催されました。全国大会は年に一度、全国の青年会議所会員が一堂に集い開催される国内最大規模のイベントです。青年経済人の我々にとってスキルアップにも繋がる内容の各種フォーラム、セミナーが開かれ学ぶこともでき、まさに青年会議所の素晴らしさを体感できる大会です。そして、40歳で卒業を迎える全国各地の会員を卒業式という大舞台でお祝いする場でもあります。本年度の全国大会は『愛と希望溢れる国 日本へ』を大会テーマに掲げ、一般社団法人宮崎青年会議所主管の下に開催されました。台風25号の影響で大会開会式、ウェルカムレセプションが中止となり、大懇親会も時間と規模を縮小、ブース出展は取りやめとなりましたが三原青年会議所からも多くの会員が参加し学びを得ることができました。

6gatsureikai_01

6gatsureikai_01

6gatsureikai_01

第48回広島ブロック大会を主管させていただきました。

9月2日に三原の地において第48回広島ブロック大会in三原が行なわれました。11年ぶりに三原で開催された広島ブロック大会を三原青年会議所会員一丸となって設営させていただきました。
豪雨災害後、大会実施までの間は多くの調整と決断を迫られる中、大懇親会とたからいちを中止という形で実施させたいただきました。困難な状況ではありましたが、次の年に大会の鍵を渡し引き継ぐ事ができ、本当に良かったと感じております。そして、式典二部の卒業式では4名の卒業予定者が登壇され、これまでの活動を振り返った一言をいただきました。
当日の設営において至らぬ点が、多々あったとは存じますが参加していただいたた皆様のおかげで大きなトラブルもなく開催することができました。また、設営にあたりお手伝いいただきました方々に心から御礼申し上げます。
豪雨災害の影響で、延期や中止となった事業もありますが、引き続き協力して取り組んでまいります。

6gatsureikai_01

6gatsureikai_01

6gatsureikai_01

6gatsureikai_01

6gatsureikai_01

西日本を中心とする大雨被害について

西日本を中心に継続的に降り続いた豪雨により、三原市内、各地域では人的被害や交通インフラの麻痺、家屋の浸水などの被害が出ております。
現在、最終的な被害状況は明らかになっておりませんが、判明している被害情報に心を痛めずにはいられません。亡くなられた方々へ謹んで哀悼の意を表しますとともに、被害に遭われた皆様に対して、心よりお見舞い申し上げます

広島ブロック協議会 新春会議・新春交流会が開催されました。

広島ブロック協議会2018年度会長の吉川泰正君の挨拶では、我々が市民から共感と信頼を得て未来を切り開いていくために、各LOMと一丸となり魅力と活力に溢れた広島を実現して、愛と希望溢れる国 日本を創造していくと力強く述べられました。その後三原LOMから出向の経済再生グループ副会長 岩西孝宗君がブロックの集大成である第48回広島ブロック大会in三原をはじめとする事業に万全の体制で取り組んでいくと決意を新たにされました。
また、新春交流会では、田中亮介理事長はじめ、第48回広島ブロック大会実行委員長新田圭司君率いる三原青年会議所メンバーが登壇して、三原で行なわれる広島ブロック大会のPRをさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

成人式に出席して参りました。

1月7日、三原芸術文化センターポポロにて成人式が行なわれました。
三原青年会議所からも来賓として田中理事長が出席されました。
代表者の誓いの言葉では、感謝の気持ちと新成人として、三原の発展の為に頑張っていきたいと決意が述べられ、多くの方から祝福されました。
本年度三原で新成人となられた832名の皆さま、おめでとうございます。

初詣へ参拝いたしました。

1月4日に、田中理事長・向井副理事長・伊達専務理事の三役が糸崎神社に参拝いたしました。
広島県内でも歴史深いこの神社で本年の決意を新たにされました。
良き一年となるよう意志と情熱を持って邁進いたします。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

新年のご挨拶

謹んで新春のお慶びを申し上げます。
旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
2018年は「Create Our Future ~意志と情熱は、すべての原動力となる~ 」をスローガンに会員一同邁進してゆきます。
昨年同様のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。