11月23日(水)三原リージョンプラザにて、次世代育成・やっさ委員会(藤井 稔久委員長)による次世代育成事業『将来の三原を想像してみよう!!三原駅前市民広場を考える』を実施しました。
将来このまちをどのようにするべきかを積極的にが重要である。自分たちのまちの出来事として、必要があるのではないだろうか
本事業は、明るい豊かなまちを実現するためには三原のまちを将来どのようにするべきか具体的な事例を用いながら積極的に考え、行動する大人を一人でも多く育成することが重要だと考え、まちの未来を担う子どもたちに自分の意見を持ち、相手に伝えられるひとへと成長してもらうことを目的として実施しました。
三原市内に通う高校生・学生を対象とした本事業は休日にも関わらず多くのご参加を頂きました。
テーマを『三原駅前市民広場の活用方法について』として、ディベートを行ない、参加者は各班ごとに分かれ、それぞれの意見を出し合いました。
まず、第1部は事前準備として、それぞれの班で意見集約し、客観的視野を手に入れるため、どのように相手へ自分たちの意見を伝えるべきかを話し合ってもらいました。そして、討論についてのルール説明を行なった後に改めてもう一度意見を聞くといった流れで進めてゆきました。
続いて第2部では第1部で話し合ったことを踏まえ、事前準備で検討した意見を相手に伝え、どのような方法が三原市にとって最善な方法なのかを討論してもらいました。
若い世代ならではの活発な意見が飛び交い、自分たちのまちの将来について真剣に語って頂けた事業となりました。

p_20161123_133101 p_20161123_133442 p_20161123_140256 p_20161123_140159 p_20161123_140619 p_20161123_134912 p_20161123_134747 p_20161123_134624 p_20161123_134744 p_20161123_135331